なおたろの活動レポ

"よりよく生きたい"なおたろが、日常をちょっぴり豊かにする情報を紹介します。

危険物取扱者 乙種4類に一日で受かる勉強法

Study

危険物取扱者の乙4は合格率40%くらいの試験。仕事でこの資格が必要になったので試験申込みしたはいいけど、やる気が起きず...前日まで参考書や問題集は1ページも開きませんでした。だって合格率40%もあるし、ネットでも簡単って言ってたもん。それ見ちゃうと舐めてしまうよね。

流石に試験前日になり、参考書を開いてみたんですが、よくわかんない法令とか、高校の時うっすら習った記憶があるmol計算などが載ってて、こりゃ勉強しなきゃやべぇよと焦って勉強を始めました。

まあ、そんな僕でも合格してたので、勉強の方法は間違ってなかったのかなと思います。

一応備忘録として、僕のやった勉強方法を載せておきます。乙4をどうやって勉強したらいいか迷っている方、参考にしてみて下さい。前提知識がない状態でも1日(=6時間程度)かければ合格しますよ。

(目安として普通の人なら2週間~1か月、要領の良い人で一夜漬け~2週間の勉強時間らしいです)

問題の出題形式を把握する

まずは、乙4の出題形式が分からなかったので調べました。

乙4の3つの試験科目があります。「法令」、「性消(危険物の性質及び消火の方法)」、「物化(基本的な物理及び化学)」どれも複数の選択肢から正解を選ぶ形式でした。

ただ、問題集を眺めると選択肢(正解の候補)はどれも微妙な違いになっており、シッカリと記憶を整理しておかないと合格できない感じでした。こりゃめんどいなと思いました。

各問題の難易度はどうか。試しに何も前提知識のない状態で、問題を解き、答えと解説を読んでみました。感想としては専門用語は出てくるけど、解説を読んだだけでもほぼ理解でき、それでも理解できない時だけ、少し参考書で調べると解決することが分かりました。深く考えたりする必要なさそう。

また、もう少し問題集を眺めていると、あれ?さっきも見たぞ?と思うような似たような問題が頻繁にでてきてました。類題が沢山あるということは、毎回似たような問題が出題される⇒あまり出ないような問題は覚えない方が効率的だと考えました。

 

以上を整理するとこんな感じ

  • 出題はマークシート形式
  • 選択肢に引っ掛けが多いので知識の整理が大切
  • 考察したり知恵を働かせるような問題はない=単純暗記でも大丈夫
  • 滅多に出ないような問題も多い

勉強方針が立ちました。

「参考書で一から勉強せず、問題集をひたすら解き進める」

これにより試験合格に必要とされる知識だけ最短で身に付きます。細かいマメ知識などは覚えません。

問題集の解き方

本番一日前に試験勉強を始めた僕は焦ってました。問題を解く時間が惜しい。よって、問いを読んだらすぐに答えと解説を見て、内容を丸暗記していきました。前提知識のない状態でも乙4の難易度であれば、解説まで読めばだいたい理解できます

また、複数候補のうち正しい内容を記述したものを選んでください、という問題であれば、誤った内容の文章の解説も読みます。どこがどう間違っているのか理解し、知識を整理していきましょう。

答えや解説を読んでもよく理解できないものだけは、参考書を見て内容を理解して下さい。

これらをひたすら繰り返して問題を解き進めていきます。自然と無駄なく知識が整理されていきますよ。

 

以上を整理すると

  • 問題は真面目に解かない。問題を理解したらすぐ答えと解説を見て内容を丸暗記する。
  • 解説を読んでも分からないところだけ、参考書に手を出す。基本は、そこまで深い知識を要求しないので解説を読めば何となく理解できる。
  • 出来れば2周くらい問題集をやる。2周も問題集をやると知識が定着します。

所感

試験本番、似た問題がたくさん出てきて安心しました。あー、助かった。時間が無い時はやはりこの方法だな。

参考書には試験に滅多に出ないようなマニアックな知識もいっぱいです。そんな細かい知識が網羅されている参考書をベースに勉強するとか効率も悪いし、どれが大切な知識なのか見えなくなります。

乙4の試験は100点を目指す必要はありません。60%の得点率さえあれば合格です。ですので重要な問題だけ最低限解けるようにし、滅多に試験に出ないような所はバッサリ捨てましょう。時間の無駄になりますので覚えないでください。

マニアックな知識は今後実務で必要になるかもしれませんが免許を取ってから、ゆっくり身につけましょう。

 

参考書ベースでなく問題集ベースで勉強し、いちいち考えないで丸暗記していく。これが効率的ではないでしょうか。

 

(余談)

合格発表番号をみると僕の前の番号の人達がごっそり落ちていました。地元の高校の生徒達だったなぁ。試験本番前の待機時間に、参考書をブツブツ音読したり、綺麗な文字でまとめ上げたノートを眺めてました。

そんな事しなくて、とにかく多くの問題を解いたほうが効率的なのになー。なんかもったいない。

 

:勉強に用いた参考書、問題集

 

参考書として使いました。図やイラストをふんだんに使っているので、とても分かりやすい。少し無駄知識が多いかな。まず、巻末の問題集をいきなり解いてみて、分からない章を勉強すれば効率的だと思います。特に「法令」は参考書部分を読み進めると心が折れます。必ず問題を解いて、どこが問われるのか理解し知識整理しましょう。

 

問題集はこれを使いました。ユーキャンの参考書だけでは問題が少ないのでこれも買いました。解説が平易簡潔でわかりやすく、個人的には重宝しました。無駄な知識が載っていないのでおすすめです。頭も混乱しません。

広告を非表示にする