読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおたろの活動レポ

"よりよく生きたい"なおたろが、日常をちょっぴり豊かにする情報を紹介します。

【感想】100万円超えの高級腕時計を買う男ってバカなの?

腕時計

みなさんは腕時計着けていますか?

今はスマホで時間が分かるし腕時計をつける必要性を感じないかもしれません。やはり、腕時計は昔に比べて売れてなくて衰退の一途をたどっています。

最近驚いたのが、私の大好きな「オリエント」という時計メーカーがセイコーエプソンに吸収されることになったこと。ほんと泣きそうです。

通好みのオシャレな時計を作ってたのになぁ・・・。

 

www.itmedia.co.jp

話が脱線しました。。。

今日は少しでも腕時計の魅力を知って欲しいと思いまして、一冊、腕時計のマンガを紹介します!

100万円超えの高級腕時計を買う男ってバカなの?

んっ?!て思いました?

これ、マンガのタイトルなんです笑。
f:id:fblo:20170315201901j:image

タイトルに惹かれて思わず買っちゃいました。腕時計あるあるネタはもちろん、オメガやセイコーなどの腕時計メーカー見学レポや、普通の人がまず関わることがないであろう高級腕時計の世界を覗くことができます。

 

著者はマキヒロチさんという時計に詳しくない(興味を持ったことがない?!)マンガ家さん。
f:id:fblo:20170315204204j:image

そんなマキさんから見た腕時計の世界が、等身大で紹介されています。

 腕時計はしてるけど特にこだわりはないよっていう方、時間確認するならスマホでいいじゃんと思っている方にぜひ読んでほしい漫画です。

 

 見どころは「腕時計に少し詳しくなれる」「業界話が聞ける」ところ。特に雑誌等では紹介されないような「業界話」が興味深い。

f:id:fblo:20170315205745j:image

目次を見ると、専門的な用語が結構並んでます。腕時計にあまり詳しくない方は??になりますよね。

 オーバーホール? クロノグラフ?? トゥールビヨン???

大丈夫ですよ。


f:id:fblo:20170315210742j:image

著者のマキさんも分からない状態からスタートみたいです。

キソのキから物語が始まります。読み進めるうちに用語や腕時計を取り巻く環境、腕時計に対しての色々な人の考え方が見えてきます。世界が広がる感覚です。

 私もマキさんと一緒にフムフムと納得しながら読み進んじゃいました。

 

こんな感じで、腕時計入門に最適な漫画ですが、他にも見どころはあります。

(むしろこっちがメインかも)

 

それは業界裏話が聞けること。

普段メーカーさんや販売者さん等業界の方と関わることがないので、こういう話はとても貴重でした。一部紹介しますね。


f:id:fblo:20170315213047j:image

オーバーホールはどこに出せば良いのか?という問いに対して。

オーバーホールは町の時計屋さんに持っていったり、修理専用業者に持って行ったり、メーカーに直接だしたりと色々なパターンがあります。そして、時計修理技師さんの技術レベルにも大きな差があります。

初心者はどこに出していいか迷いますよね。このマンガを読むとオーバーホールについて、どこに出すべきか賢い選択の仕方がわかります。

 
f:id:fblo:20170315213233j:image

アンティーク時計の魅力って何でしょう?という問に対して。

中古時計市場は初心者には難しいとされています。偽物や状態の悪い時計も普通に出回っており、目利きできないと良い時計が手に入りません。でも、実力次第で価値のある時計を入手できる市場でもあります。宝探しみたいで、ワクワクしませんか?

 

この他にも、オメガのカスタマーサービス見学レポや、一流エナメル職人との対談など貴重な体験談が沢山載っています。

 

一読して感じたのは、どの腕時計業界の方も自分の仕事に誇りを持って全力で取り組んでいるということ。モノづくりやサービスへの熱いこだわりが伝わってきました。

 

だいぶ主観の入った感想になりました。

腕時計を題材にしたマンガは貴重なので、良かったら手に取って読んでみてくださいね。マンガとしても所々にクスッとくるやり取りがあったりして飽きませんでした。

ではこの辺で♪

 

↓【1巻です。今回紹介した内容が載っています】

 

↓【2巻です。ベルトにこだわってみよう。磁石はなぜ危険なのか。など、知っていると少し楽しくなるような小話がいっぱい載っています。】

 

広告を非表示にする