読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおたろの活動レポ

"よりよく生きたい"なおたろが、日常をちょっぴり豊かにする情報を紹介します。

【腕時計談義①】BVLGARI-ソロテンポ ST35S

 

最近の若い人は腕時計をつけなくなったといわれています。若者の腕時計離れって言うんですね。

確かに会社でも若い人はあまり着けていませんね。スマホで足りるみたいです。

対して30代以上の方々は腕時計を着けています(因みにオメガ、ロレックス、カシオ、セイコー、ハミルトン、IWCなどをよく見かけます)。

 

私は昔から腕時計が好きでコレクションしていました。だから、その人がどんな腕時計をしているんだろうって気になって仕方ないんですよ。それから、なぜこの人はこの腕時計を着けているんだろうとか考えちゃいます。傍から見たら怪しい人ですね笑。

このシリーズでは私がコレクションしている時計を少しずつ語っていきたいと思います。腕時計好きな方からしたら「安物」ばかりだと思いますが、腕時計に興味の無い方が興味を持つキッカケになってくれたら嬉しいです

では一つ目の時計はこれ。

BVLGARI ソロテンポ ST35S メンズ

f:id:fblo:20170301221251j:image

BVLGARIのソロテンポというモデルです。秒針がなく時間がゆったりと流れるような感覚になります。BVLGARIの中でも安価なので入門用として最適(正規価格で27万円)。中古市場になると、なんと3万円程度で購入できちゃいます。

珈琲と一緒に撮っちゃいました。いかがでしょう。大人ぽくてオシャレじゃないですか?

f:id:fblo:20170301222941j:image
着けるとこんな感じです。文字盤の外周にBVLGARIのロゴが入っており、さり気ない演出がにくいです。

ビジネスシーンより似合うのはオフかな。これを着けると喫茶店で店員さんに話しかけられるようになりました。お洒落ですねって。

銀座ブルガリタワーに行ってきました


f:id:fblo:20170301223825j:image

ダイエットのおかげで革ベルトに余裕が出来たので、穴を開けてもらいに行ってきました。BVLGARIタワーの中にはカスタマーサービスのフロアがあります。なかなかブランド物のお店に入る機会がないので勇気が必要でしたよ。

中に入ると初老の紳士の方が出迎えてくれました。内装も美しいし他の店員さんも上品な方ばかり。こりゃすげぇや!とパンピーなおたろさんには衝撃が強すぎました。

電池交換や革ベルト交換はお金がかかるみたいですが、穴あけは無料。丁度いい位置に穴を開けてもらってとても嬉しかったです。次はオーバーホールの時に利用しますね。

BVLGARIについてのイメージ

私の中でのBVLGARIは香水、アクセサリーのイメージ。腕時計メーカーのイメージは全くありませんでした。でも、BVLGARIは腕時計メーカーとしてもしっかりした技術を持っています。歴史を調べてびっくりしました。馬鹿にできません。

BVLGARIって面白いデザインの時計を作るんです。オクトとかブルガリ・ブルガリとか個性が強い。一般受けというよりはコアなファンに愛されるブランドです。そして一旦BVLGARIにハマっちゃうとBVLGARI沼から抜け出せなくなります。

私もソロテンポに惹かれ、片足が浸かりました。

今回はBVLGARIのソロテンポでした。

次回の腕時計もお楽しみに。

 

広告を非表示にする